恋愛の悩みで最も多いのが、片思いではないでしょうか。

相手の気持ちが読めなかったり相手の行動が思わせぶりに感じられたりなど、脈アリと感じにくく思う程モヤモヤしてしまいますよね。ただそういった心配ももしかしたら勘違いという可能性も無きにしも非ず。告白されて嫌な気分になる男性はそう居ません。

片思いかもしれなくても、告白によって相手の気持ちをより引き寄せる方法だってあるはず!あなたの恋を成功へと導けるようなセリフを学んで行きましょう。

片思いの告白セリフ

「もし○○くんの彼女になりたいって言ったらどう思う?」

これは小悪魔要素を含んだような遠回しなセリフでもありますが、片思いでありがちな、今の関係をできるだけ壊したくないと言ったような場合は使えるセリフです。

あえて質問形式にすることにより、気持ちをほのかに伝えつつ相手のリアクションを知る事も出来ます。言い方も相手との関係性を考慮しその時のシチュエーションで変えてみてください。

態度や言い方次第では伝わり方は変わってきますよね。気軽さを重視するならばいたずらっぽく、相手をドキッとさせたいのなら緊張感を持ってみるなどしてみるといいでしょう。

「○○君の事ばっかり思い出しちゃう。好きなんです。」

あなたに片思いしています、恋焦がれています、というアピールを添えた告白のセリフです。ガツガツ行き過ぎれば男性側も多少なりとも引いてしまったり戸惑ってしまう恐れがあるかもしれない事を考慮すると、
シンプルかつ気持ちも伝わりやすい方法がこのセリフ。

「この子俺の事考えてるんだ」というワンクッションを置くと切実さが増しグッときてもらえるはずです。このセリフは、二人の時に少し沈黙が出来たときなどに切り出すと緊張感が増すので効果的です。できるだけ想いを込めて言うとさらに良いでしょう。

「好き」

相手をドキッとさせるのに一番効果的なセリフですね。片思いかもしれなくても、相手に一番ダイレクトに伝わり印象付けられるはずです。印象に残る言葉こそこういったシンプルなもの。

男性側にいかなる都合があっても、「好き」と言われれば嬉しく思わない男性は居ないのではないでしょうか。この場合は自分ともきちんと向き合い、しっかりと相手の目を見て真剣に伝えてみてください。シンプルなセリフほど言い方次第なので、声のトーンや表情にも
気を遣ってみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。片思いかもしれない可能性を感じても、前向きな気持ちでいる事が大切です。相手に気持ちを伝えるためにはシンプルが一番ですが、そうもいかない時だってありますよね。セリフの内容はもちろん大切ですが、つまるところあなたの気持ちをどう態度や言い方に盛り込めるか、です。

少しでも相手の心を揺さぶれるよう、思いやりをもち真剣に向き合いましょう。