気になる男性の、言動には目がいきますよね?私にもしかして好意があるのかな?なんて思うけれど確かな何かが欲しくなりますよね。男性心理的に実は、笑顔で好意があるかないかを見分けることができるんです!

男性の笑顔で脈ありなのか、なしなのかについてご紹介します!

好意のある笑顔

会話をしてなくても笑顔
特に面白い会話でもなかったり、何も会話をしていなくても常に笑顔をキープし続けている、なんてことに気づけたら脈ありですね。

自分にだけは笑顔の明るさが違う
男性は、嘘や隠し事は基本的に苦手だと思います。本人は隠しているつもりでも、明らかに好意を寄せている相手とそうでない人では男性の心理的に差が出てしまい、バレバレに見えてしまうと思います。自分は気づかなくて、周りの人が気づいたりなんて多いと思います。

いろんな表情を見せてくれる
満面の笑みだったり、優しく微笑んでくれたり、くしゃくしゃに崩れてしまうほどの笑顔だったり、いろんな表情を見せてくれるなんて好意がなければ見れません。無意識のうちに好きの気持ちが表情に現れてくるものなんです。

逆に男性心理で好意のない笑顔

愛想笑い
気持ちの入っていない、ただその場のつなぎみたいに感じる乾いた笑顔を見てしまったら興味がない、好意がないと察していただいた方がいいかと思います。それに気づかず、攻め続けているとどんどん溝は深まるばかりで逆効果です。

ひきつり笑い
基本的に、人は嫌われたくないと考える生き物です。なので、無意識に人を傷つけまいと笑顔を出したりしますが、無理やり出てくる笑顔にはどこか苦しそうな感じがにじみ出てしまうものです。冷静に相手を見ることができている人ならすぐに見分けをつくと思います。

こちらを見ずに笑う
声は笑っているが、顔が笑っていない場合だったり、別のことを考えながらとってしまっていたりの笑顔です。逆の気持ちがバレバレな笑顔です。気づかないで、それすら好意があると思い続けてしまうと、後で痛い目を見てしまうかもしれません。

まとめ
いかがでし

たか?男性心理として好意がある人へはどうしても笑顔がにじみ出てしまうものです。そこをしっかりと見極める冷静な目があれば、面白いぐらいに、自分へ好意がる人なのかどうなのかが見えてくると思います。周りの異性を冷静に観察してみてはいかがでしょうか。