最近よく話しかけ来てくれる人がいるな、などと感じたり、今までとどこか違うな?などの変化に気づいた事のある人はいるのではないかと思います。それは男性心理的にどういうことなのか、それは好意の表れなのか?知りたくないですか?

男性心理は好意があると話しかけてくるのか?についてご紹介します。

些細な事でも褒めてくる

何かと、話の節々に褒めてくれる言葉を入れてくる。「可愛いね、似合うね、優しいね」など何度となく耳にする機会があれば、それは好意がある証拠です。好かれたい、気に入られたいと思うのと、好きな気持ちを言えない代わりに、でてしまうのだと思う。

彼女募集中などのアピールがある

今は自分には、彼女がいないこと、そして彼女を募集している事を伝えてくる。これは、自分のことを知ってもらいたいし、あなたのことを、彼女にしたいと思っているからこその言葉で、いつでもアプローチできますと、自分のことをおススメしているとも考えられます。

誠実さをアピールしてくる

行動だけでなく、自分はいかに誠実なのかを伝えてくるのは、好意があるから。女性にとって誠実な印象は悪くないに決まっているので、自分自身もそうであることを知ってもらい、あなたに好かれたい、よく思われたいからこその言葉です。「彼女には一筋」や「浮気など絶対にしない」などはいい例だと思う。

他の女性の話をしなくなる

あなたの話題は話しても、他の女性との話を一切しなくなるのは、分かりやすいと思う。誤解されたくなかったり、あなたに嫌な思いをさせたくないという気持ちから、避けるようになる。それは、好意があるからこそ。どうでもいい人にそんな配慮など男の人は気がまわったりなんてしませんから。

自分の好みを話す

女性のこんなタイプが好みなど、自分の好みのタイプを聞いてもないのに話してくるのは間違いありません。その好みが、あなただと言っている様な内容であれば、誰でも分かってしまうかもしれません。それで男性はある程度気持ちを伝えた!と思ったりする人もいるぐらい、好意の表れです。

質問をたくさんしてくる

好意があると、知りたくなるのは当然。いろいろ質問してこられるのはあなたの事がしりたいから、質問が多ければ多いほど、その可能性は高くなる。興味のない女性に質問なんてしないので、まず質問されたら自分に好意がると思ってもいいと思う。

まとめ

男性の心理は女性より複雑ではなく、分かりやすいものだと思う。その可愛い分かりやすいサインを、しっかりと気づいてあげたり、判断してあげよう。意識して聞いているとどんどん見えてくると思う。