彼氏が欲しいと思っても、上手く男性に伝えることなんてなかなか、簡単なようで難しいですよね。簡単にできたら苦労なんてない。そう思っている人は少なくはないのではと思います。

今回は、彼氏が欲しい心理を男性に上手く伝える方法についてご紹介します。

彼氏が欲しい心理

周りの友達に彼氏ができたり、年齢を重ねていくごとに人は彼氏を作らなければと考えます。それは、人は他の人と同じ行動をとる事で安心感を感じる事ができるからです。自分だけが周りと違うという事を嫌うのです。なので、周りに彼氏がいる人が多ければ多いほど、彼氏が欲しいという気持ちが増えるでしょう。それ以外には、男性にしか埋めてもらえない感情もあり、その時に男性を必要だと感じ欲しいと思ったいりもすると思います。

アピールは逆効果

彼氏が欲しいからとそれを、男性にアピールしては逆効果になってしまいます。ガツガツしてる人や余裕のない人と認識されてしまい魅力を感じれなく思われてしまうからです。好きという気持ちは、ストレートに言われると嬉しく思うと思いますが、彼氏が欲しいというアピールを受けて、嬉しく感じる人はいるでしょうか。彼氏が欲しいならその気持ちはグッと隠しておきましょう。

男性に上手くつたえるには

深呼吸をするして落ち着くまずは、慌てない事気持ちを理解してもらったり、しっかりと伝えるには自分が落ち着いてないと、相手には上手く伝わらない。自分が何を伝えたいのかを、落ち着いて考える事が大事です。

彼氏が欲しい気持ちを分析する

なぜ自分が、彼氏が欲しいと思うのかを自分自身がしっかりと理解していないと、何をどう伝えたらいいのかも分からないものです。なぜ必要なのか?を自分自身でしっかり把握しておきましょう。

メールやラインなどを使う

急に、言葉で伝えるのは難しく感じるでしょうから、何度でもやり直しの効く、メールやラインが伝えやすいでしょう。どんな内容を送ろうか読み返して、考え直す事もできるし、時間をかけることもできるので、安心ではないだろうか。

さり気なく伝える

直球で伝えるのではなく、さり気なく会話の中に少し混ぜてみたり、最後をごまかしてみたり、はっきりと言わないというのも一つの手だと思います

今の自分の気持ちを聞いてもらう

素直に、自分の思ってることを話す。ことも時には大事な場合も。周りくどく考えすぎてしますうと、結局何が言いたかったのか、相手に伝わらずに…、という事もあると思います。自分がどう思っているのか、素直に話す、伝える事が上手に伝える事に繋がると思います。

まとめ

彼氏が欲しい、心理をまずは自分自身が理解する事が必要だと思います。自分が理解した上で、男性に伝える。それが大事。難しく考えるから伝えられないという事が多いと思うので、それは注意です。