男性はどうしても心理的に好意があると視線を送ってしまいたくなってしまうものですが、なかなかその視線に気づけなかったり、どれが好意のある視線なのか分からない…なんて思う方もいるはず。

今回は、男性の好意のある視線はここがポイントについてご紹介します。

目の動きが他の女性と違う

平常心を保とうとしても、意識してしまうあまり目がどうしても泳いでしまったり、目を合わせようとしなかったり、話を忘れるほどじっと見つめてきたり、どうしたのかな?と感じるようなことがあれば好意のある視線だと考えられれます。

話を聞くときに目元を見てくる

好意がるとその人にのめり込んでしまうので、目線をそらすことを忘れじっと見てしまうものです。あなたのことが知りたいと思う気持ちがその行動へと結びついていくのです。

目の輝きが違う

人間は無意識に、興味があると瞳孔が開いて黒目が大きくなったりと変化がでます。それを気づくにはあなた自身も彼のことをしっかりと見ることが必要になってきますが、あなたを見つめる眼差しの優しさなどを感じることができると好意があると思えます。

よく目が合う

チラ見だけでは、よく目が合うのは難しいと思いますが、よくじっとあなたを見てるからこそ、あなたがたまたま見たときに目が合うものです。その回数や、一日だけでなく何日もよく目が合うのであれば、あなたも気づいてしまうと思います。

まばたきが多い

男性だって緊張もするし、恥ずかしくも思うものです。好意があればその行動は増えて当然。まばたきをあなたと話すときにたくさんしてしてまう人は、あなたを意識しすぎている合図です。

目が合うと逸らされてしまう

目が合うのに、合えば逸らされてしまう。逸らされると嫌われているのでは。と考えてしまう人もいるかもしれませんが、それは全くの逆の行動なのです。見ていることを気づかれたくないあまり、無意識に逸らしてまうのです。好意の一つと考えましょう。

まとめ

男性の視線は、よく見ていると分かりやすいと言えます。男性心理的にどうしても好意があると視線を送ってしまうものなんです。アツい視線を感じたら脈アリだと自信を持ってもいいと思います。あなたの気になる人の視線はどうでしょうか。