好きな人がいても、いなくても女性なら誰しも少しでも可愛くなりたい、もっとキレイになりたと願うもの。人は今の自分に満足しない限りどんどん磨かれていくと思う。しかし、どうすれば何をすればを知らずに自己流ではその道からは遠のいてしまうかも。

今回は、男性受けバッチリなモテメイクについてご紹介します。

やっぱり、すっぴん風メイク

男性は、可愛くても可愛くなくても化粧の濃いメイクを嫌います。化粧をしてなく感じるぐらいのすっぴんに近いメイクが一番人気何です。

すっぴん風メイクの極意

下地が大事。下地や保湿をしっかりするか、しないかでメイクは決まります。複数の下地クリームを使い、肌の赤みや血色具合によって使い分ける。少し面倒に感じるかもしれませんが、これをしないとすっぴん風メイクを作り上げるのは難しいと言えます。すっぴんぽく見せるためには下準備をしっかりとすることが一番大事。

ファンデーションは部分使い

せっかく下地でキレイに仕上げても、ファンデーションを全体に厚く塗ってしまっては、せっかくの下地にかけた時間も水の泡。おでこやTゾーンに薄く塗る程度で十分。いかに薄くするかが大事。

眉毛はふんわりと

ペンシルなどでしっかり書いてしまわずに、パウダーを使いふんわりナチュラルに仕上げましょう。眉毛が濃い人はブラシで毛を整えて、多いようなカット。薄い人はパウダーを乗せ、自眉よりワントーン明るめの色を選ぶとナチュラルに!

アイメイクは黒以外で

アイメイクに黒色を使ってしまうと、強調されてしまいそれだけでナチュラルからは遠のいてしまいます。なので、黒は避ける。おススメは茶色などがベスト!黒以外でも、発色の濃い色は避けること。薄めの色を選択することがすっぴん風の基本!

マスカラはほとんど使わない

まつげ美容液をつけて、まつげパーマをしたりビューラーで上げるぐらいで大丈夫。どうしてもつけてい人は束にならないような物か透明マスカラなどがおススメ。バサバサ感は必要なし。

リップは自然に

色を付けたりするのではなく、潤いを与えてツヤを感じれるように仕上げれば十分。色を付けないので血色を良くする事が大事になってくるのでリップのマッサージをしてから仕上げをすると良い。

まとめ

モテメイク=すっぴん風メイクなのです。あくまでもすっぴんではなく風が大事。化粧はしっかり自分を引き立たせてくれるが、それを厚くしてしまうと逆効果に。そこをふまえて男性受けを狙おう。