彼氏がいないと答えると、次に飛んでくるのが「どれくらい彼氏いないの?」という質問。何と答えれば良いのかわからず困ることも多いのではないでしょうか。実は、彼氏いない歴はよく聞かれる質問だからこそ、恋を遠ざけてしまわないように注意が必要なのです。

今回は、彼氏いない歴を聞かれたときの模範解答とダメ回答をご紹介します。

模範回答は1~2年

男性に彼氏いない歴を聞かれたときの模範回答は1~2年です。これくらいの期間だと、前の恋愛は吹っ切れていると判断できるため、男性はアプローチしやすくなります。また、全くモテないわけではないと考えられるので、安心するのでしょう。男性が自然に受け入れることができ、その後の恋愛にも発展させやすいベストな回答と言えます。

1年以下はダメ回答

彼氏いない歴を聞かれて、1年以下の期間を答えるのは避けた方が良いです。この回答だと、男性は「元カレと完全に切れているのか」や「次の恋愛で元カレを忘れようとしているのではないか」などと考え、元カレの影がチラついてしまうそう。男性は好きになった女性に対して独占欲を持つため、好きになる前から他の男を思わせる女性には、そもそも近づこうとしないのです。また、1~3ヶ月の特に短い期間を答えてしまうと、遊んでいると思われて男性関係の奔放さを疑われることも。そこで恋愛対象から外されてしまう可能性があるので気をつけましょう。

長すぎるのもNG

彼氏いない歴は長すぎるのもダメ回答。具体的には3年以上だと長いと感じるようです。長期間彼氏がいないと、「性格に問題があるのでは?」と男性に勘繰られてしまいます。また、男性欲しさにガツガツしていそうだからと、引いてしまう男性もいるので要注意。しかし、海外勤務や資格取得など、長期間彼氏がいなかった正式な理由があれば問題ないようです。

彼氏いない歴=年齢の場合は?

今までに彼氏がいない女性が正直に答えた場合、男性の意見は分かれるようです。男性心理として「女性の初めての男になりたがる」という言葉があるくらいですから、正直に答えれば喜ぶ男性もいるでしょう。しかし、男性は女性のことを本当に愛したとき、自分が初めての男であることや、女性の交際人数が少ないことがとても嬉しく感じるそうです。つまり、男性の気持ちがそこまでに至っていない場合だと、女性の経験の少なさが重く感じてしまい、敬遠してしまう理由になりえます。彼氏いない歴を聞かれても、正直に答えるのはお付き合いが始まってからの方が良いかもしれません。

まとめ

男性が女性に彼氏いない歴を聞く理由としては、その女性の本質を知りたい場合や、そこから女性を口説くためにどうすればいいのか攻略法を探ろうとする場合があります。あなたが彼氏いない歴を聞かれたとき、その男性と恋愛関係になりたいのであれば、男性が安心する回答をした方が上手くいく可能性は高くなるでしょう。しかし、好かれるために無理な嘘をついて後悔することのないよう注意が必要です。