男性と話をしていて、好意を感じたり何かのサインを感じる事はあるのではないかと思うが、それは本当に脈アリサインなのか?でも違ってたら…とどうなのか気になっている人も少なくないはず。

男性心理の好意が分かる会話のサインについてご紹介します。

質問をよくしてくる

好意のある相手のことは、少しでも早く多く知りたいもの、男性はそういう感情を隠したりはしません。質問の数が多ければ多いほどあなたに興味がある=好意があるに繋がります。プライベートなことをいろいろ探ってくるのも脈アリです。「休みの日は何してるの?」「今好きな人とかいるの?」などプライベートなことを探ってくるのは代表的な例です。

どういう男性がタイプか聞いてくる

背が高い方がいいのか?がっちりしたタイプなのか、優しい感じの人がいいのか、仕事は?服装は?など細かく聞かれれば聞かれるほどバレバレですよね。

今何が必要か聞いてくる

欲しい物や何をしている時間が大切なのか、また恋愛をする時間は必要としているかなど、何を必要か聞いてくるのはかなりの探りを入れてきてると言えますね。

嫌いなことも聞いてくる

食べ物や、持ち物などの嫌いなものを知りたくて聞いてくるのは好意がなければ思いつかない発想だと思います。また自分の好みと近いか確認してくるのもあります。「俺はこれが好きだとだけどどうかな?」など好みが合うかを聞いてくる場合は、勘違いではなくそれは…と思ってしまいますよね。

自分と真逆のタイプ男性はどうか聞いてくる

自分とは全然違う、タイプの男性はどうか聞いてきて、反応を見て最後に「でも、そんな人が似合いそうだけどね」なんて言われたら逆にバレバレですね。さらに自分の話をしてくると脈アリです。聞いてもないけど、自分について教えてくれる。それは自分のことを知ってほしいからこそでてくる会話です。面倒くさがりな男性はどうでもいい相手に自分の話をしたいとは考えません。聞いて聞いてと言わんばかりに自分の話をしてくれる人は間違いないとっても過言でもないほど好意があると思います。

恋愛観などを話してくる

自分の恋愛観や結婚観などを話してくる事は、先のことを考えて話している以外の何ものでもありません。これを聞けたら安心して彼は自分に好意があると思っても良いでしょう。お付き合いや結婚を視野に入れてない人に話すだけなんて無駄なことを、男性の心理的にまずないのですから。

レジャーの話題が出る

好意がある男性は、話題の中にデートや遊びの誘いを入れたいので、どうにかしてスムーズにその話題にもって行こうかとしてきます。それがレジャーの話題です。お互いに興味があったら「じゃ、今度一緒に行く?」などの展開にもって行きたいのです。脈アリだらかこそです。

感謝の事がはいる

些細な事でも、ありがとうなどの言葉をしっかりと伝えてくれる。それは、あなたによく思われたいし、心からそう思えるからこその言葉です。まめに感謝の言葉を聞ける時は脈アリです。

自分に真剣に向き合ってくれる

言葉以外でも、真剣に自分と向き合ってくれたり、視線や態度は分かりやすいものです。自分にだけ特別感を感じれるのであればそれは好意があるというサインです。

まとめ

男性心理的に、どうしても好意があると質問や言葉にサインがでてしまうものです。どのサインが脈アリなのかを知っていると、安心して彼との関係へと踏み込めるはずですよ。