今や、メールではなくラインが主流の時代、ラインを上手に使っている人、上手く使いこなせていない人様々ではないだろうか。モテ女子は、ラインでもやっぱり好きな人を落とすためのテクニックを使っているんですよ。

ラインで狙った人を落とすテクニックについてご紹介します。

絵文字やスタンプなどは相手に合わせる

文章だけでは、そっけない感じがすると思い、絵文字などをたくさん使ってしまいたくなりますが、相手があまり使わない人だと、そのラインはただ読みづらかったり、嫌に感じさせてしまう事も。何度か、やり取りをする中で相手はどのぐらい使うのかを把握して、合わせる事が大事。

返信しやすい、返したくなるような内容を送る

深い関係まで行けば、特に理由もなく「ライン送りたくなっちゃった…」などもありだろうが、そんなに気にとめてない女性からのこの内容は男性は特に嫌がるだろ。最初のうちは、この人とのラインは返しやすい、と感じさせるような内容を心がける事!例えば二択にして何かを選んでもらったり、それからそれについて話を広げていく事もできるので、返答に困らない内容は重要。

相手を否定するようなことは言わない

誰でも受け入れられたいもの、否定ばかりする人とずっと話していた、連絡を取りたいなんて考える人は少ないと思う。受け止めて、受け入れてくれるそんな女性である事が大事な条件。

たまに自分からメッセージを送る

いつも自分から送るのではなく、相手が送ってくるのを待っておく、基本は待つけれど、たまに誘いなどの連絡を入れるのは大事。男性も誘われるのを待っていたり、誘われて嬉しく思わない人はいない、自分からなかなか誘う事のできない男性もいるので、喜ばれるだろう。しかし、最初からガツガツ誘ったり、連絡をし過ぎると、逆効果なので要注意。

徐々に返事の間隔を遅くする

いつでも、すぐに返信を送ってしまうと、相手に自分の心が見え見えで、それも悪くはないですが、男性は追いかけたりするのも好きな生き物です。少し焦らせることをしても、彼の心は離れていくどころか、どんどんあなたが気になるように。しかし、それを良かれと思い、あまりし過ぎると面倒くさく思われたり、脈なしと思われて離れていく事も。恋は駆け引きです。その駆け引きが上手な人はモテテクニックの達人です。緩急を入れてあがる事が駆け引きには必要。

休日に時間があることをアピールする

誘いたいけど予定があったら、と迷っている男性だっているはず、そこを時間がある事を教えてもらえたら、誘いやすいので男性は助かるはず!しかし、いつも時間があると答えると、時間を持て余してると思われてしまい、魅力的に感じない事も。相手の雰囲気に察して返答する事がモテテクニック。

相手のペースに合わせた回数をする

忙しい人や、ラインなどが苦手な人に、自分は連絡を取るのが好きだからとたくさん送ってしまっては、相手に負担をかけるだけ。毎日のやり取りがなくても、一日のやり取りが、2、3通でもそれで十分と思ってあげよう。無理をさせる事は長くは絶対に続かないし、上手くいく可能性も極めて低いと思う。

既読スルーを気にしない

ラインは相手が見ているのか、見ていないのかが分かってしまうもの。見ていてもすぐに連絡できない場合や、少し時間をおいて返したい人など様々いると思う。そこを、見てるのに何で返してくれないの?などと思ったり、ましてやそれを伝えてはタブーです。それは、相手を追い込む好意で、好かれるとは無縁の好意だといえるでしょう。

まとめ

ラインは、いかに相手のことを理解して、相手に合わせるかが大事になってくるといえます。自分ばかりが楽しい、ひとりよがりな内容では、いつまで相手をしてもらえるやら…という結果になってしまう事も。テモテクニックを使って、相手をその気にさせてみましょう。