人によって、言動は違うもの。そんな中、ボディタッチをしてくるなんて人もいると思う。時には手を触れられたり、肩を触られたり髪を触ってきたり、足を触ってきたりもありますよね。どうしてそういう行動を取るのか、知らないと困りませんか?

ボディタッチをしてくる男性心理についてご紹介します。

髪に触る男性心理

頭をポンポンとボディタッチをしてくる男性は、好意がある可能性が高いし、あなた自身からの好意にある程度気付いている場合も。もしかした、あなたを試しているのかもしれません。頭をポンポンとされることが好きな女性が多いという事を、最近の男性は知っているので、ボディタッチの中でも特殊で、親密な関係になりやすいというイメージを持っている男性は多いと思う。

頭ポンポンをされて嬉しいのは、気になる人や好きな人にポンポンされた時限定の話だと思う。好きではない人にやられても嬉しくはないだろうし、嫌いな人にやられたら嫌悪感しか抱かないはず。頭をポンポンとしてくる男性は、あなたから嫌われていないと思い行動を起こしていると考えられる。そして、もっと好かれたいと思い頭をポンポンとしてくると思うので、好意があると思ってもいいはず。

しかし、場合によっては好意はあるが、まだ本気になってない場合の時もあるかもしれない。あなたの反応を見て、それ次第でアタックしてもいいのか、様子をうかがうためのとることもあるので、頭をポンポンとされて浮かれてはダメ!

あなたが、嫌がらなかったり、照れたり反応を見せると男性はそんなあなたにグッとくるし、自信がつきあなたにアタックをする決心にも繋がると思う。男性は女性に甘えられるのが弱いので、可愛く反応してあげると、男性は舞い上がってしまうかも。

男性心理として相手に対しての警戒心や嫌な感情が存在せず、好意的に見ている事ということが言えると思います。

足へボディタッチする心理

足への必要のないボディタッチは完全に本能的な欲求からと思っても構わないでしょう。好意ではなくて、下心の塊の可能性がほぼです。太ももあたりを触ってくるのならその可能性はほぼ確実といっていいほどです。足でも膝よりも下にいけばいくほど、下心は少ないといえますが、足を触る事自体下心があるので要注意です。

そこを許してしまったり、変に相手を誤解させてしまうような反応をとってしまうと、あなたの存在を軽い存在だと認識されてしまったり、都合のいい女などにされてしまう事もあります。しっかりと強い心で、嫌な時は嫌だと言える強さを持てると男性の思い通りばかりにはならないでしょう。

また、そのシチュエーションなどにもよります。飲み会や二人だけで出かけたりそんな時に、急に触ってくるのは、下心としか思えませんが、相手の反応で触れてしまったことを申し訳なく感じている、場合ではたとえ足を触られたとしても下心だとは言えないでしょう。相手の反応やシチュエーションをしっかりと覚えておくといいと思います。

そして、二人の関係性にもよりますが、お付き合いをしている関係や、もうお互いに気持ちを理解しあっているのであれば、足に触るという事も、好きだからこその行動と思えますが、まだあまり仲の良くない段階で足へのボディタッチをしてくるような男性は少し考えものです。

でも、好きな人にも本能的な欲求はあるから、あなたをやらしい目でしか見ていないわけでもないかもしれません。だからと言って、本気で好かれたかったら、触りたくてもなかなか触らないよね。

どうしても、足へのボディタッチは意図的なことが多いですし、それを女性も少なからず理解していると男性だって分かっていると思うので、それを知ったうえでの行動だという事です。

まとめ

男性心理的に、本能のままに動いてしまうなんてことは珍しくないと思いますが、ボディタッチの場所でサインはずいぶん変わってくるんで、そこをしっかり理解しておくと変な男に捕まることなく安心ではないでしょうか。頭にボディタッチをしてくるのは、親密な関係に近づいてると男性が思っていて、あなたから少なくとも嫌われてはないだろうと思っていたり、より好かれたいサイン。あなたの反応次第で、関係性はかなり変わっていくとはずです。