告白は、人生の一大イベントのようにドキドキしますよね。そんな日に失敗なんてしたくないですよね!でも失敗のしない告白ってどんなだと思いますか?

絶対に成功する告白の仕方をご紹介します。

どこで告白するかを決めておく
告白する場所はとても大事です。真剣さが伝わったり場所しだいで、良し悪しも決まってしまうこともあると思います。相手が困るような場所ではなく、お互いに話しやすい、伝えやすい空間をチョイスしましょう。

何を伝えたいかを考えておく
アドリブ力のある人であればいいかもしれませんが、ほとんどの方は緊張してしまい、頭が真っ白になってしまう場合が多いと思います。そんな時にある程度どんなことを伝えたいかを考えていると、少しはリラックスして自分の気持ちを伝えることができると思います。

上手く伝えようとしない
間違いなんてないのです。そして、答えなんてありません。自分の気持ちを精一杯伝える。途中しゃべれなくなっても伝えたいことを全部言えなくても、大丈夫なんです。むしろ、上手くしゃべれない方が、真剣さも緊張感も十分に伝わると思います。

最後に笑顔を見せる
伝え終わった後に、相手の目を見て微笑むと相手はその表情にぐっと来ると思います。笑顔の練習やチェックをしてもいいかもしれませんね。

気をつけたいこと
冗談ぽくしてしまうのはよくありません。照れ隠しかもしれませんが、相手に思いは伝わりにくいと思います。

さけたい文言
○○かもしれない。など語尾に濁す言葉を使うのは避けましょう。自分に逃げ道を作りたいかも知れませんが伝えると決めたら腹をくくり、素直に伝えましょう。濁されるとどうとっていいのか、場合によっては不愉快に思わせてしまうかもしれません。

会ってからの時間
彼と会ってどのくらいの期間が過ぎて来たのかは大事です。早すぎても、相手のことがよく分かりませんし、真剣に思いを伝えたいのであれば、いい感じになって最低でも三ヶ月は待ちましょう。

時期はいつがいいのか
急に不意をつくのもいいですが、相手に内容だけでなくそれ以外の情報でも今から自分の気持ちを伝えるんだと言うことが伝わった方が、伝わりやすいと思います。文字だけに頼ってしまうと、文字はあくまで読み手の解釈で決まってしまうので、演出は大事です。例えば、バレンタインやクリスマスなどカップルでのイベントの前だったり当日などは分かりやすいかもしれませんね。相手も、確信は欲しいものです。

女子からLINEで告白する仕方
少し前置きで、「ちょっと聞いて欲しいことがあるんだけど」と伝え、そのあとに短文で自分の気持ちを伝える。これが一番です。男性は回りくどい事を嫌います。ストレートに気持ちを伝えるだけで十分なんです。絵文字や顔文字も少ない数だけ使いましょう。極端に言えば、好き!とハートマークだけで十分なんです。

最後に一言そえる
気持ちを伝えた後に、「直接伝えたかったけどちょっと勇気がなくてLINEになっちゃった」と言うような内容を添えるといいと思います。直接聞きたかったと思う男性もいると思いますし、その気持ちはあったんだということも相手にしってもらいましょう。

まとめ
いかがでしたか?意を決したら、逃げずに正面から向き合う!それが大事です。その潔さはきっと相手にプラスに伝わるポイントです。あなたの精一杯を伝えましょう。意外と簡単なことばかりだと思われたかと思いますが、実際はそれで十分なんです。気持ちをしっかりと相手に伝えたい!この気持ちをもって頑張って下さい♪