彼氏がほしいときに一番大切なのは、それを周囲に伝えることです。あなたが彼氏募集中であることを知れば、友人が紹介してくれるかもしれません。また、最近では奥手な男性が多いと言われていますが、彼氏がいないとあなたからアピールすることによって、男性はアプローチをしやすくなるでしょう。

恋のチャンスを掴みやすくするために、彼氏がほしいアピールをする方法をご紹介します。

指輪をしない

指輪をしている女性を見ると、彼氏がいると判断する男性が多いようです。これは薬指に限らず、指輪=彼氏からのプレゼントではないかと考える人も。最近ではピンキーリングやファランジリングなど、指先のおしゃれの幅が広がっていますが、彼氏がほしいのであれば必要最低限にした方が良いかもしれません。

飲み会に必ず参加する

合コンや職場の飲み会など、男性が多く集まる場所に必ず出席していると彼氏がいないことをアピールできます。彼氏がいるなら飲み会には来ないだろうと男性は考えているからです。また、お酒の席では恋愛の話題になることも多いため、彼氏募集中であることを自然に伝えられます。周りに男性がたくさんいれば、その中の男性と恋愛関係に発展する可能性もあるでしょう。

予定がないことをアピールする

社会人となると、デートするなら仕事後か週末です。どちらにも予定が入っていないことをアピールすると、彼氏がいないと思わせることができます。遊びに行きたいということも同時に伝えられれば、男性からお誘いの声がかかるかもしれません。

メールを続ける

用件が済んだのに他愛もない内容のメールが続き、なかなか途切れないことがあります。こうなると、男性は自分とのメールに時間を割いてくれるということは彼氏がいないのではないかと感じるようになります。メールという二人だけのプライベート空間で多くの時間を共有することになるので、お互いに好意を感じる可能性も。彼氏がほしいと直接伝えれば、そこから何か始まるかもしれません。

まとめ

ご紹介した方法は、特定の相手にも使えますし、不特定多数の男性にアピールすることもできます。彼氏がほしいと周りに知らせておくことで、思わぬところからチャンスがやって来る可能性があるため、アピールするだけでも一歩前進できるでしょう。しかし、アピールをしすぎて男がいないとダメな女と思われたり、誰でもいいと勘違いされたりしないよう、注意が必要です。