好意のサインはいろいろあると思いますが、それを知ってるか、知っていないかでは全然恋の進展は違ってくるもの。好意のサインを知るためにあなたは何をしますか?

好意のサインを知るためにやるべき事についてご紹介します。

無駄に助けてくれる

なんでもないのに、やたらと気にかけてくれる事を感じるとは好意のサインの一種です。気になるから、手を貸したくなる、助けたくなる動いてしまうものなんです男性は。

かなり親切になる

重たい荷物をすぐに「持ってあげると」と手を差し伸べてくれり、それは計算だったりもするんです。男性だっていろいろ考えるもの。好きな人に良く思われたい、良かれと思っていろいろな積極的に行動をとります。それを感じたら好意のサインだと思いましょう。

やたらといつも側にいる

気づいたらいつも側にいるなぁと感じるのはかなり分かりやすいと思います。特に用もないけど側にいる。何かと隣の席に座っているなど、好意の意思がすごく伝わってくると思います。そんな事をするのは必ず好意がある人にのみです!どうでもいい人にそんな事はしません。

意地悪してくる

好きな人には、ついちょっかいを出したくなるもの。その反応を見て楽しんだりその時間を楽しんだり。意地悪=好意の裏返しとも言えます。

身体を向けてくる

話をするときなどしっかりとこっちを向いてくる人は、それだけあなたのことが、真剣だから身体まで向いてしまうということです。あなたに気持ちが向いている証拠。

目がよく合う

不意に見ると、目がよく合うと感じるのは、間違いなく好意のサイン。こちらをよく見ているから事目が合うのです。たまたまなんて滅多にありません。

カッコいい自分を見て欲しく思う

男性がカッコをつけようとするのは、好意があるからです。女性が可愛く見られたいと思うように、男性だってカッコよく見られたいもの。当然と言えば当然。

二人きりになりたがる

みんなではなく、二人で過ごしたい事を思ってくる男性は、間違いなく好意がるからこそです。どうでもいい人と二人でいたいなんてかえって考えにくいです。まぎれもないサインです。

下の名前で呼んでくる

親しくなりたい、近づきたいと思うからこそ下の名前を選んで呼んでくる。他の人は苗字で呼ぶのに私だけ?と感じたらそれは好意があるからこそ。

まとめ

好意のサインを知るためにはポイントは知っているか、いないかが大事。それを知ることのできている人であれば、大丈夫。しっかりとサインを見つけてあげよう。